投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

手紙に香りを添えて②

イメージ
手紙に入れるお香を文香(ふみこう)といいます。
封を開けた時、手紙を読む前に素敵な香りが漂います。
これは心を伝える香りのメッセージです。

千年前の平安王朝の時代、「源氏物語」でも恋文の結び文には
必ず香が焚き染められています。
文を開くと、まず香りが相手に届きます。
気持ちを伝える香手紙というコミュニケーションです。

千年の香りの和文化、現代に生き生きと生きています。


 文:稲坂良弘
(香司「香十」前代表)
香の伝道師としてメディア、イベント等で活躍中
著書『香と日本人』(角川書店,2011)



香十ホームページはこちらから
香十インスタグラムはこちらから

手紙に香りを添えて①

イメージ
用件は携帯電話でもメールでも簡単に伝えられます。

でも時には筆ペンでも、万年筆でも、ボールペンでもよいので

便箋に自分で書いてみると、気持ちがあたたかく伝わる気がします。















季節の絵手紙でもよいでしょう。一枚のはがきも心を伝えます。

もっと良いのが便箋一枚でも手紙として封筒で送ることです。

その時に、便箋と一緒に封筒に香りを入れるという素敵なことを

ご存知でしょうか?

手紙に入れるお香を文香(ふみこう)といいます。


手紙に香りを添えて②へつづく



香十ホームページはこちらから
香十インスタグラムはこちらから