投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

みんなで「源氏物語」をユネスコ「世界の記憶」に! | クラウドファンディング - 未来ショッピング

衣更えと薫衣香②

イメージ
現代でも香十の「薫衣香(くのえこう)」に代表されるように伝統の香りと

香材を小分けの小袋に収めた製品が人気です。


化学薬品製材の防虫剤よりも優美な香りと優しい機能の

伝統品として、衣更えの時の必需品として求められています。


小袋のまま着物と一緒に、箪笥の中に入れておくだけという

便利なものです。

衣更えに一千年の知恵を生かしてみてはいかがでしょうか。

 


文:稲坂良弘
(香司「香十」前代表)
香の伝道師としてメディア、イベント等で活躍中
著書『香と日本人』(角川書店,2011)


香十ホームページはこちらから
香十インスタグラムはこちらから

衣更えと薫衣香①

イメージ
10月1日は平安王朝の頃から「更衣の節(こういのせち)」と

言いました。

現代でも冷涼な秋の空気にセーターやコートの用意をします。

着物も単衣の夏物を仕舞い、袷の冬物に変わります。




現代の着物の原型は、平安時代の貴族たちが着ていた小袖で、

袖口の小さな下着が時代と共に表着に変わっていったものです。

この小袖も衣更えとなります。



この時、「香」が大きな役割を果たしてきました。

香材を刻み合わせ小袋に入れ、着物と一緒に大切に仕舞います。

芳香が着物に移ると共に、漢方生薬系の香材が虫よけの機能を

果たしました。



衣更えと薫衣香②へつづく



香十ホームページはこちらから
香十インスタグラムはこちらから